謎解きは小説の中で

大好きな推理小説を読んでいると、普段の何気ない事もミステリー!!某執事小説大好きなヲタージョのブログです。
  • scissors
    7月 9th, 2014admin読書

    先日まさかの出会いがありました。それは電車の中でのことだったんですが、私はいつもと同じように本を読んでいました。ちょうどもう佳境に差し掛かっているところで、夢中で読んでいました。電車が大きく揺れた瞬間に一瞬集中力が切れ、ふと顔をあげてみたら向かいの座席に座っていた方が同じ本を読んでいたのです!驚くべきことは他にも合って、その方は顔見知りの方だったんです!思わずびっくりしてじっと見入ってしまったら、相手も気づいたようでした。なんだか急に恥ずかしくなって軽く会釈して、また読書に戻りました。
    次の停車駅でちょうど私の隣の席が空いた時、隣に移動してきてくれて声をかけてくれたので少しお話しました。その方はまだ読み始めたところで、ネタバレが怖いからこの本の話はやめておきましょうねなんて話をしました。その方は最近ドラマがきっかけで読書をするようになったそうで、私が大好きな作家さんのファンだと言っていたのでその作家さんの古い作品で特に面白かったものをいくつかおすすめしておきました。友達の友達程度の顔見知りの方だったんですが、ぜひもっと本の話をしましょう!ということになり連絡先を交換してもらいました。とっても嬉しくて、共通の友達に「こんなことがあって、連絡先を交換したよ」と報告したら、相手の方からも既に報告があったようで笑っていました。また後日改めて三人でランチでもという話になったので、その時に他の作家さんもおすすめしてみようと読みやすい短編集を選ぶ作業に夢中です(笑)

  • scissors
    6月 23rd, 2014adminつぶやき

    私は、野菜が大好きです。中でもとりわけ、トマトときゅうりは愛していると言ってもいいほど大好きです。一年中、夏でも冬でもきゅうりとトマトは欠かさず我が家に常備されています。そのくらい、大好きなのです。もともとは、子供の頃からトマトは大好物でした。毎年夏には家の庭でトマトを育てて、自分で収穫したものをキンキンに冷やして、塩をかけて食べるのが我が家流。豊作だった年には食べても食べてもトマトがなくならなくて、もういいかげんトマトばかり食べるのに飽きた家族の分まで私が食べていたので一日に5~6個は食べていたんじゃないでしょうか。幸いトマトは食べすぎても体に害になるということは無いので、水分補給のかわりにたくさんトマトを食べていたんですよね。逆に、きゅうりはあまり得意じゃなかったんです。でも、あるときから急にきゅうりが好きだと思うようになって、気がついたらもうきゅうりとトマトがないと満足できない体に(笑)きゅうりは体が冷える野菜なので、冬場は食べすぎに注意しないといけませんが、炒めても意外とおいしいと友達に聞いてやってみたら本当に意外とおいしいんです。それから、冬場はきゅうり炒めとトマトスープ。夏場は生で丸かじりです。冬場でももうちょっと安く手に入るといいんですけどね。

  • scissors
    6月 8th, 2014admin読書

    一日だけでいいから、朝起きた瞬間から夜寝るまで、ずっと読書をしてすごしてみたいです。お休みの日を使えば簡単でしょ、と思うかもしれないんですが、お休みの日って限られていますよね…。掃除も洗濯もしなくちゃいけないし、平日なかなか買い物に行く暇がない分食材を買いにも行かなくちゃ。洋服を買いに行ったり日用品だって。となると、やっぱり一日中本を読んでという時間はなかなか作れないのです。連休ともなれば中の一日ぐらいはと思うんですが、連休中は連休中で結局友達からお誘いがあったり、実家からお呼びがかかったりと何かと忙しい。なかなか思うようには行きませんよね。
    一度、どこか自然が豊かなところのホテルとか旅館とかで、朝から温泉に浸かったりのんびりしながら読書をするなんていう旅行もいいかなと思うんです。食事とお風呂に入っている時間以外は読書。客室露天風呂つきだったら、お風呂に入っている間も読書が出来ますよね。景色の良いところでお風呂に入りながら読書なんて、贅沢すぎます。次の連休…となるとちょっと厳しいかもしれないですが、年内実現を目指して、計画を立ててみようかな?でも、のんびり読書しながらお風呂となると、時期的には秋がベストでしょうか…。お財布とも相談しながら決めなければいけませんね。楽しみになってきました!

  • scissors
    5月 22nd, 2014adminつぶやき

    先日本屋さんで、鎌倉の紫陽花の写真集を見つけました。実は、母は紫陽花が大好きなんです。鎌倉にもずっと行ってみたいと言っていて、毎年今年こそ、今年こそと言いつつタイミングが合わなくて行けていないんですよね。今年もまた間に合わなかったと毎年のようにぼやく母を見ているので、その鎌倉の写真集がとても気になって、つい中を確認してしまいました。
    そこにはたくさんの仏閣と紫陽花の競演が切り取られていて、紫陽花好きな母にはもちろん、寺社仏閣好きな私にもたまらない一冊になっていました。何年にもわたって撮り続けたらしい風景の変化を楽しめる写真もあり、毎年行かなくては楽しめないはずのものがこうやって手軽に楽しめるのもいいなと思い感心しました。
    せっかくなのでその写真集を購入して、早速母にプレゼントしてみたところ、毎日眺めては行きたい、ここに行ってみたいとため息をついています(笑)父はそれを見て、写真で見たんだからもう満足でしょ?なんて趣の無い事を言っていますが、やっぱり写真と実物は違うものですよね。写真で綺麗な風景を見たら、自分の目でも見たいと思うのが当然でしょ?と女二人に詰め寄られ、父はたじたじ。余計な事を言ったなあという顔をしていたので、お父さんに連れて行ってもらったら?と水を向けておきました。その瞬間のしまった、という父の顔がおかしくて忘れられません。

  • scissors
    5月 14th, 2014admin読書

    子供の頃、ずっと母親に言われていたことがあります。それは「アイスは一日ひとつ。ジュースを飲んだらアイスは食べない」ということです。あまりに言われ続けていたためそれは私の中では当たり前のこととなり、大人になってからもずっと守っていました。真夏は熱中症対策のためにスポーツ飲料を飲むこともあります。そんなときはジュースとアイス両方口にするなんてこともあるのだけれど、アイスを二つ食べるということは絶対にありませんでした。だから先日、友達が一日にふたつのアイスを食べているのを見て、私はとても驚きました。アイスは一日ひとつじゃないのと思わず尋ねますと、そんなの言われたことないよとのこと。私がうちの場合はねと話したのですが、大人になっても守ってるのとたいそう笑われてしまいました。そのときふと思い出したのですが、そういえば、小説を二冊併読することを覚えたのも大人になってからでした。親は一冊読みきりなさいと私に言い、私は長らくそれを守っていました。でも、今では読みたいものはすぐに手を出してしまいます。二冊三冊併読、なんてこともあります。アイスのことと本のことを考えたときに、なぜか、大人になったなあと思いました。親の言うことを守らない、子供じみた大人です。

  • scissors
    4月 21st, 2014admin読書

    本屋さんに置いてある本は、ほとんどが縦書きですね。特に小説などは日本語で書かれている限り多くの本が縦書きです。時々詩集などで横書きのものがあると、新鮮な印象を受けますね。
    縦書きと横書きでは、印象が大きく違うのは不思議です。同じ内容のことが書かれていても印象が違うのですから、縦書きと横書きは大事なことなのかもしれませんね。
    どちらかといえば本は縦書きの方が読みやすいですね。しかし、インターネットなどの文章はほとんどが横書きです。それでも違和感はないですね。
    また、小学生の頃から作文や読書感想文などを書く時には、原稿用紙は縦書きのものを使っていました。横書きの原稿用紙なんてあることされ知らなかったように思います。
    しかし、パソコンで文章を書く時には横書きです。それも違和感なく自然と横書きになっていましたね。パソコンを使う前は、縦書きで書いていたのに、パソコンを使うようになってから横書きに違和感がなくなった気がします。例えば、はがきや手紙の住所や名前書く時、以前は縦書きで書いていましたが、今では横書きで書くことも多いです。いつの間にか、横書きの方が書きやすくなっていました。
    それでも小説を読む時には、縦書きで書かれたものを読む方が落ち着きます。これはなぜなのでしょうね。不思議なものです。

  • scissors
    4月 11th, 2014adminつぶやき

    不健康に見える女性よりも、健康的に見る女性の方が魅力的ですよね。思い返すと、自分は健康的に見られることはほとんどないですね。それはとても残念です。なぜ健康的に見えないのか考えてみました。
    まず肌の色。健康的と言われる女性はちょっと日焼けしている感じですね。私に肌は白いです。自慢にならないのは、顔色が悪い、と言われることがあるからです。顔色が悪いと間違っても健康的には見えませんね。いつも鼻がつまっていたり、鼻声である、ということも健康的に見えない原因でしょう。私は寒暖差アレルギーで、ちょっと温度差を感じるとすぐに鼻水が出たり、鼻がつまってしまうのです。よく「風邪ひいたの?」と言われることがあるのも、鼻のせいです。
    また、一応、スポーツクラブに通っていてトレーニングをしているのですが、誰にその話をしても「ウソでしょう?」と言われてしまいます。とてもそんなアクティブには見えない、ということらしいです。決して、運動神経が全くなさそう、と思われているのではなく、きっとおしとやか、だと思ってくれているに違いない、と思うことにしています。
    おしとやかかどうかは別として、顔色と鼻炎は改善していけたらいいな、と思っています。一度くらいは健康的な女性と言われてみたいですからね。

  • scissors
    3月 24th, 2014admin読書

    この本を読みたいのだけれど持ち歩くには重すぎる、大きすぎる、ということがあります。今日は電車に揺られる時間が多いし、電車の中で本を読みたい、という時には少し厚めの本を読みたいと思いますし、読みかけでその続きを読みたい、でもその本が分厚くて重い、となると持って行くのに躊躇してしまいます。そんな大げさな、と思われるかもしれませんが、できるだけ荷物は軽く、というのは私の信条です。重いと肩が凝りますし。
    そんな悩みを解決してくれるのが、電子書籍といのでしょうか。タブレットですね、これなら複数の本を持ち歩かなくてすむし、軽いという話です。片手で持つことができるので、電車の中で立っていても読める、ということですね。さらに文字の大きさも変わられるのです。文字があまりにも小さいと、読むのが疲れてしまうこともありますね。さらに、目が疲れない明るさにできるというのです。
    でも、どうしても画面で文字を読むのは、疲れてしまうのではないか、と思ってしまいます。紙に印刷された文字の方が読みやすいし、目が疲れないのではないかと思うのです。それは慣れのせいでしょうか?確かにタブレットは便利な面がたくさんあります。ちょっと使ってみたいような気もしますね。

  • scissors
    3月 18th, 2014admin読書

    デートをドタキャンされると、モーレツに腹が立ちます。楽しみにしていた分、怒りが爆発することもあります。それは女友達との約束でも同じことですね。せっかく約束して、予定を空けて、服装も決めて、準備万端整えていたのに、急に会えなくなるという連絡。とてもがっかりです。でも、ここで不平不満を言っても自分の格が下がるだけ、ですよね。反対の立場だったら、怒られるのは仕方ないにしても、嫌味を言われたりしては、次のデートの約束もできなくなってしまいます。
    もし、デートがキャンセルになったら、その理由を聞いて気遣ってあげるくらいの余裕を持ちたいですね。体調が悪いなら体調を気遣ってあげるのが大人の女性です。仕事が忙しければ、大変ね、とひとこと言ってあげたいもの。そこで、デートのキャンセル以外の愚痴を言ったり、しつこく嫌味を言ったりするとケンカになってしまうこともあります。ケンカになったらキャンセルのショックと、ケンカのショックで二重のショックを味わうことになり、余計に落ち込んでしまいます。後悔もしてしまうでしょう。怒りをグッとこらえ、仕方ないね、と言うくらいにしておくのがいいですね。また、残念だった、という気持ちも伝えた方がいいですね。

  • scissors
    3月 5th, 2014adminつぶやき

    駅の階段は私にとってつらいものです。と言っても、最近では大分つらくはなくなりましたが、膝を傷めていた時期は階段の上り下りはとてもつらいものでした。特にヒールを履いての下りは一段一段、「よっこいしょ」という感じで降りなければならず、必ず手すりにつかまって踏み外さないように降りていました。とても高齢の人のようでした。なので、リズミカルに「タタタタタ」っと駆け下りる人がとてもうらやましかったですね。
    膝を傷める前から階段は苦手でした。リズミカルに駆け下りているつもりが、足が合わなくなって、あやうく階段を踏み外しそうになってから、階段を早足で降りるのが怖くなってしまったのです。やはり、運動神経の問題でしょうか。情けない話です。
    現在では、膝の痛みもやわらぎ、手すりにつかまらなくても階段を降りられるようになりました。でも、ヒールを履いていると、ちょっと痛むので、その時は手すりにつかまってゆっくり降りていますが。でも、なかなかさっそうと階段を降りる、ということはできません。周りに人がたくさんいると、ここでもし自分がコケたら、周りの人に多大な迷惑をかけるのかと思うと、余計に緊張して手すりをつかむ手に力が入ります。迷惑をかけるくらいなら、少しくらい格好悪くても階段を踏み外さないよう、しっかり降りるように心がけています。安全第一ですよね。

  • « Older Entries